今更聞けない・・食にまつわる用語集

有機栽培・有機野菜って何?


今国内で生産されている野菜などのほとんどが、
短い期間人工的に作られた化学肥料を使って大きくし、
害虫被害を抑えるために農薬を使用して大量生産しています。


もともと化学肥料は無機質のものが多いので、
虫の被害にも合いやすい軟弱な土壌、野菜になってしまっているんです。
その為大量の農薬が必要になってくるのです。


そんな栽培方法を本来の姿にもどそう。
元気野菜.jpg


土には糞や落ち葉などの有機質のものを利用し、
農薬や化学肥料などは極力控え、土や野菜に自然の力をつけさせ、
環境への負担も軽減できる方法で栽培しようというのが有機栽培なのです。


ただ有機栽培はこの数十年で注目され、きちんとした有機栽培の定義がなかったので
有機まがい品が出回る等の事態を受け、
政府は平成18年に「有機農業の推進に関する法律」を制定しました。


有機JASマーク


そして「有機JASマーク」がついていないものは「有機」や「オーガニック」といってはいけなくなりました


では『有機JASマーク』とは?


それは政府が指定した専門機関で
「まきや植付け前から2年以上化学肥料や農薬を使用せず、有機肥料を使って栽培をする」等の
一定の基準をクリアし認められた場合のみ、その作物や加工品に付けることが出来るマークです。


緑色の雲みたいな太線に有機と漢字で書いてあるので、すぐにわかると思います。
野菜を見ることがあったらぜひ一度見てみてください。


<<前の記事へ 最近よく聞くTPPって何??
           >>後の記事へ 最近よく聞くトレサービリティーって何?


関連記事
今更聞けない・・食にまつわる用語集
放射能汚染 知識をつければ怖くない!
放射能対策がきちんとされている食材の宅配会社はどこですか?