国産粉ミルクは安全?各社の消費者対応一覧

【特集記事】赤ちゃんのミルクを「安全に」&「超簡単に」作る方法とは?


赤ちゃんのミルク、どんな水で作っていますか?


たいていのママは、
「水道水を一度沸騰させた水・お湯で作ってるよー」
と答えると思います。


でも、今の時代、水道水は何かと怖いと感じている人も多いと思います。
そして、一度沸騰させるのはめんどうなものです。
(慣れてしまえば、それが普通になるわけですけれども。。。)


そこで、このページでは、水道水よりも「安全に」しかも「超簡単に」ミルクを作る方法をご紹介しておきます。


ウォーターサーバーを導入すれば、水を一度沸騰させる必要がありません。


最近、家庭用ウォーターサーバーを導入される方が非常に増えています。
重い水も必要な分だけ宅配してもらえるので便利です。


そして、特に、赤ちゃんのミルクを作るのに便利です。
どの会社のものも、約85度のお湯約5度の水を出すことができます。


最初は熱いお湯で粉ミルクを溶かして、冷たい水を足して温度調節。
簡単に出来上がります!


1つだけ注意点あり。キーワードは「ミネラル」


ウォーターサーバーといっても、各社それぞれ、使っている水の種類が違います。


赤ちゃんのミルクを作るために使う水を考えた場合、
ミネラルをなるべく含んでいない水を選ぶことがとても重要です。


ミネラルがなかったら、赤ちゃんに栄養いかないじゃない?
と思われるかもしれませんが、それは逆です。


粉ミルクはどこのメーカーのものも、赤ちゃんに最適なミネラルの量を含んでいますので、
ミネラルを多く含んだミネラルウォーターで溶かすのは絶対にやってはいけません。


ミネラルのバランスが崩れてしまい、赤ちゃんに負担をかけてしまう可能性があるからです。


「ピュアウォーター」を採用している、アルピナウォーターがおすすめ。


ピュアウォーターとは?・・・ミネラルを始めとした水の中に含まれる不純物を一切取り除いた水。
日本では「純水」とも呼ばれています。


このピュアウォーターを使っている「アルピナウォーター」というウォーターサーバーであれば、
赤ちゃんのミルクを作るのにも、安心して使うことができます。


今、念のため、「すこやか」という粉ミルクを発売している
「ビーンスターク・スノー」という会社に電話で問い合わせてみましたが、
ピュアウォーターであれば、全く問題なく使用して良いとの回答をいただきました。


逆に、ミネラルを含んでいる水、もしくはイオン水などを使っているウォーターサーバーは
避けておいたほうがよいとのことです。


安全性は?放射性物質とか大丈夫?


気になる採水地ですが、アルピナウォーターは、北アルプスの湧き水を使用しており、
放射性物質は一切検出されていません。


>>アルピナウォーターの放射性物質検査結果の詳細はこちら


第三者である専門機関による検査がこまめに行われており、
信頼できる検査結果です。


赤ちゃんのミルクにも使える水ですから、もちろん大人も問題なく飲めます。
普段飲む、コーヒーや紅茶・お茶も、今まで以上においしく入れられます。


>>アルピナウォーター公式サイトはこちら


<<前の記事へ イオンネットスーパー
         >>後の記事へ 森永「はぐくみ・チルミル」に粉ミルクやベビーフードの放射性物質検査の事を問合わせてみました。