放射能汚染 知識をつければ怖くない!

奥様必見!放射性物質を効率よく除去する調理法


風によってあおられた放射性物質は少なからず日本全国を汚染しているという噂や、
責任のあいまいな出荷自粛、産地偽装が絶対にないのか?などの心配もありますが・・
それほど不安に駆られなくても大丈夫です!
料理する女性.jpg


たとえ購入した食材が汚染されていたとしても、
食材の下ごしらえや調理法で高い割合の放射性物質を取り除くことができるようです。


これからは放射性物質たちと上手に付き合っていかないといけないので・・
ぜひ覚えておきたいですね!


覚えておきたい調理法


まずは洗う! 
 表面についた放射性物質は水で多くを洗い流すことができます。 
主婦なら日頃からしていることなのでいつもより少しだけ気をつけて
細かい部分まで水で洗う程度でいいみたいです。
水よりも流水、お湯や塩水、酢水で洗うほうがより効果的です。


皮をむく!
 皮をむくだけで30%程の除去ができます。
たとえば人参なら皮むきで55%除去、
更に1%の塩水で煮沸すると40%除去できるというデータがあります。


根に近い部分や芋などのくぼみ部分は取る!
 セシウムはくぼみ部分にたまりやすいようなので、積極的に取りたいです。
例えば玉ねぎの根っこ部分にもたまりやすいようなので同様に取りましょう。


内蔵や骨は食べない!
 放射性物質は内蔵にたまるので摂取しない。
またストロンチウムは骨にたまる性質があるので骨も同様に危険です。
魚など特に気をつけましょう。
魚の骨.jpg


煮る!
 今問題とされている放射性物質は水溶性のものなので、
茹でたり煮ることで大半を除去できるそうです。
茹で汁や煮汁は勿体無いけど捨てましょう。


真の安全が確認されるまで旨みや多少の栄養よりも
内部被曝をさけることを重視したほうがいいのではないでしょうか?


酢漬けや塩漬けが効果的!
 チェルノブイリでは酢漬けのきゅうりは9割の放射性物質を除去できたと記録されています。
またお肉を酢水につけたり、味噌漬けや粕漬けにしても効果があるそうです。


このような点を注意すれば、より安心して食事をすることができます


出来るところからで・・


煮込み料理やお酢を使った料理、しゃぶしゃぶ等がおすすめです。
とはいえ今までの家庭の食事を180度変えてしまうと栄養不足になったり、
食事が楽しくなくなってしまっては意味がないので、できるところでいいと思います。


うちは塩をよく使うようになりましたけど、
塩は安くて全然減らないのでお財布にも優しいですしおすすめですよ!


<<前の記事へ よく聞くけど難しくて聞き流しちゃう放射能の基礎知識 2
        >>後の記事へ 以外と知らない放射性物質の体外排泄に役立つ食べ物


関連記事
以外と知らない放射性物質の体外排泄に役立つ食べ物 
2012年4月から食品の放射性セシウム基準値が新しくなります!