食に関するアンケート調査結果

夕食メニューに悩む女性必見!メニューを決める判断材料とは?

生命維持のために欠かせない食事は、お腹を満たすだけでなく、栄養バランスを考えることが大切ですよね。また、家族一緒に食卓を囲むことにより、家族の絆を深めることに役立つのではないでしょうか。


特に、夕食は一家団欒の場所になるだけに、みんなで美味しく食べることを意識する必要があるかもしれません。そのためにも、夕食の献立を決める方法を知っておきたいですよね。


そこで、夕食メニューの判断材料には何が多いかについて、既婚女性100人のみなさんにお話をうかがいました。


============================
【質問】
夕食のメニューを決める時の判断材料として多いのは?


【回答数】
自宅にある食材から考える:77
前日の残りを有効利用:15
自分の食べたいもの:10
家族の食べたいもの:17
その他:7
============================

自宅にある食材で工夫する!食材の無駄がなくなるメリットも



アンケートの結果、「自宅にある食材から考える」と答えた人が最も多いことがわかりました。


・冷蔵庫の中の食材の賞味期限をみてメニューを考えることが多いです。(30代/女性/専業主婦)

・ムダなく食材をつかいたいと思うので、まずはあるもので工夫します。(60代/女性/専業主婦)

・なるべく自宅の食材を減らしてから買い物に行きたいので、在庫を確認して、その中で作れるメニューを考えます。(40代/女性/専業主婦)

・これは基本です。買い物は週末にまとめてするので、残っている食材から考えます。(60代/女性/個人事業主)


こちらに寄せられた回答からは、食材を有効活用したい想いが強い様子がうかがえます。消費期限や賞味期限をチェックすることが大切ですよね。手元にあるもので料理をつくることもポイントになるようです。


食材を極力減らしてから買い物に行くことや「買い出しの日」を決めることもポイントではないでしょうか。


冷蔵庫に食材を詰め込みがちですが、冷蔵庫の奥に残っているものがないか確かめることも大事かもしれませんね。


家族が食べたいものをメニューに!栄養バランスへの配慮は必要



アンケートの結果、「家族の食べたいもの」と答えた人が二番目に多いことがわかりました。


・旦那が食べたいと思うものを食べさせてあげたいと思うので、旦那優先で決めています。(20代/女性/パート・アルバイト)

・我が家は、息子の小学校の給食のメニューを参考にしながらかぶらないように決めます。(40代/女性/正社員)

・やはり家族のリクエストに応えた時には、たくさん食べてくれるので作りがいがあります。しかし、言いなりになってしまうとメニューが偏るので、あくまで参考程度に、適度に苦手な物を盛り込みつつメニューを考えています。(40代/女性/専業主婦)


家族の好きなものを食卓に並べると喜ばれるようですね。パートナーの意見を重視する人、学校給食の献立とダブらないようにする人など、家族の構成員によっても異なることがわかりました。


ただし、同じメニューが続かないようにすることが大切だと言えるようです。好き嫌いがあると栄養が偏るおそれが出てきます。


そうならないためにも、家族が敬遠しがちな食材をうまく取り入れて料理する必要があるのではないでしょうか。


前日の残りを有効利用!料理をリメイクする楽しみも


アンケートの結果、「前日の残りを有効利用」と答えた人が三番目に多いことがわかりました。


・前の日の残り物をアレンジするのが好きです。また一から作るより、多めに作ってアレンジした方が時間がかからなくて、とても自分に合っていると思います。(30代/女性/専業主婦)

・前日の残りがあることで当日の作るおかずの量が少なくすむし、残り物を捨てることができない。(30代/女性/専業主婦)

・食材を無駄にしないように、なるべくあるものを使ってメニューを決めたいから。(20代/女性/専業主婦)


前日の残りを利用する方法には2通りがあるようです。残り物を使って新たな一品をつくる人がいる一方、特にアレンジしないで食卓に出す人がいる様子が見て取れました。


食材を無駄にしたくないとのコメントにもうなずけます。このように、料理をリメイクすることでレパートリーが広がるほか、料理をする楽しみが増えるのかもしれませんね。


自分の好きなものが中心!栄養バランスを意識した食生活が大切



アンケートの結果、「自分の食べたいもの」と答えた人が四番目になることがわかりました。


・夕飯のメニューに困ったらとりあえず自分の食べたい物をつくる。(20代/女性/専業主婦)

・時間と労力をかけて料理を作るのは自分なので、自分の好きなものを基準に考える。(30代/女性/パート・アルバイト)

・基本、自分の食べたいものを作ります。子どもが帰省している時は、リクエストを聞いて作ることがありますが、好みが似ているのであまり気にせず、作ることが多いです。(50代/女性/個人事業主)


メニューに悩んだら自分の気持ちを優先する人や、台所に立つのは自分だからと割り切る人がいるようです。子どもが家にいるときは子どもの意志を尊重するとの意見にも注目されます。


ただ、自分中心の献立が多いと、家族の好きな料理も似てくるかもしれません。しかし、栄養が偏ると体調を崩す原因にもなります。


そうならないためには、アレルギーの有無を確認した上で、バランスのよい食生活を心掛けることが大切ではないでしょうか。


夕食メニューのお悩み解消!食材宅配・食事宅配サービスの活用を


アンケートの結果、夕食のメニューは「自宅にある食材から考える」と答えた人が最も多いことがわかりました。


せっかく購入した食材をフル活用するためにも、冷蔵庫などに保存している食材を優先的に使い切ることがポイントになるようです。そのためには、残り物を活かしたメニューを考えるとよいかもしれません。


家族や自分の好みだけを重視するのではなく、いろいろな食材を口にする機会をつくることが大事だと言えるようですね。


また、夕食メニューに悩む人や食材を余らせてしまう人は、食材宅配・食事宅配サービスの活用もおすすめ。選択肢の1つとして検討してみると良いかと思います。


-------------------------
■調査地域:全国
■調査対象:【性別】女性 【結婚】既婚
■調査期間:2017年03月15日〜2017年03月29日
■有効回答数:100サンプル
-------------------------


関連記事

栄養バランス?コスト?料理のこだわりポイントは既婚と独身で異なる?
結婚しているかどうかや男女で相手に作ってもらいたい料理って違うもの!?
食事は生活の基本!子供の食生活で気を付けていることとは!?
便利な食材宅配!どんなポイントを重視して選ぶ!?
既婚女性に聞く!夕食のメニューを決めるタイミングとして多いのはいつ?